埼玉県川口市の会計事務所|埼玉県川口市の税理士事務所|

048-256-3414

受付時間9:00~17:15(月曜日~金曜日)

企業防衛のための生命保険

企業の安定的・永続的な発展のためには、経営者は適切なリスクマネジメントを心がける必要があります。


【法人のリスクと必要資金】

リスク

必要資金

死亡リスク 生存リスク
重大疾病による経営者の
一時的な不在・リタイア
当面の運転資金
借入金返済資金
死亡時に
保障のある保険
重大疾病時に
保障のある保険
死亡退職金・弔慰金 (該当するリスクなし)
生存退職金 (該当するリスクなし) 重大疾病時に
保障のある保険

多くの場合、経営者は死亡時を考慮した設計の生命保険に加入されています。
しかし重大疾病等の後、幸いにも生存されている場合、ここにもリスクがあります。

重責を担う経営者は、万一の際はもちろん、
重大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)
による一時的な不在やリタイアせざるをえない場合の資金準備も検討しなければなりません。
経営者が重大疾病にかかり、
一時離職または退職する場合の
3つのリスクと必要資金
  • 経営者の一時的な不在や退職による

    「当面の運転資金」

    経営者の信用と手腕で経営が成り立っていた場合、療養に伴い職場を離れることで、売上が減少し固定費負担が重くなることも

    買掛金や手形の決済等の負担が深刻となり、また、会社幹部や従業員給与の財源が不足することも

  • 経営者の一時的な不在や退職による

    「当面の運転資金」

    経営者の信用と手腕で経営が成り立っていた場合、療養に伴い職場を離れることで、売上が減少し固定費負担が重くなることも

    後継者がいないため会社清算が予想される場合、借入金を一括返済することも考慮する必要あり

  • 経営者の退職による

    「生存退職金
    (役員退職慰労金)」

    事前準備(財源確保)をしていない場合、退職金の支給ができず、経営者自身や家族のその後の生活費が不足することも
合同会計は、経営者様や従業員様の「いざ!」という時のために、保険を通して、適切な「企業防衛」をご提案させていただいております。

保険指導方針

PAGE TOP